トータル:
きょう:
きのう:
石井弘寿残留
メジャー移籍を巡って球団と対立していたスワローズ守護神・石井弘寿が
スワローズ残留ってことで合意に達したようですね。

事の発端は昨年度の契約更新。一年間活躍すればメジャーへの移籍を容認するという
球団の口約束から始まりました。それを糧に石井は一年間フル活動しました。

61試合登板 4勝3敗37セーブ 防御率は1.95。守護神として完璧に近い数字です。

ところが今年度の契約更新。多菊球団社長は言いました。
「古田監督になって状況が変わった。メジャー移籍は認めない。」

石井は反論しました。
「古田さんが監督になる可能性は大いに高かった。十分予想できたはずだ。
口約束にどれだけ力があるかわからないが、法的措置も検討する。」

まさに泥沼。ファンとしてはあんまりこういう面は見たくないものです。

しかし昨日、数ヶ月におよぶ言い争いは、結局、石井の残留ということで決着がつきました。
「『申し訳ない。次は絶対に行かせる』と言っていただき、1年ヤクルトでお世話になることにした」

約束を守らない人間は大嫌いです。
球団の言い分ももちろんわかりますが、それでも来年は約束を守ってください。
[PR]
by Tak_Hi | 2006-01-28 23:48 | Swallows